AGAクリニックではげ・薄毛治療

確実な治療を望むのであればAGA専門クリニックがおすすめ

若い頃から抜け毛が増えて薄毛となってしまう原因の多くが男性型脱毛症AGAです。
AGAは初期の段階であればセルフケアで進行を食い止めることもできますが、それでも限界がありますので気になりはじめたら、クリニックで診察を受けて、適切な治療を始めることが重要です。
ここで大切なことがクリニック選びです。
AGA治療が受けられる場所は主にAGA治療を専門に行っているクリニックとAGA治療も行う一般の皮膚科の二つに分かれます。
このうち、治療効果が高いとされるのは専門クリニックです。
一般の皮膚科が行うのはAGAに効果的とされる薬の処方だけであることがほとんどですが、専門クリニックでは患者個人の頭皮や頭髪の状態からオーダーメイドで最も育毛・発毛に効果的とされる治療が行われていきます。
また遺伝子検査や血液検査などの詳細な検査から、薬の効果がどのくらいあらわれるのかといった体質のチェックや今後どのような生活を送れば脱毛を進行させずにすむのかといった日常生活へのアドバイスなども受けられるはずです。
このようなことから、確実にAGAの進行を食い止めて、さらに発毛を希望するのであれば専門クリニックがおすすめといえるのです。

AGA治療薬の副作用にはどのようなものがあるのか

AGA治療では、効果のある内服薬が発見され、それによって多くの人が薄毛を改善できるようになったといえます。しかしながら、当然薬を服用するということは副作用が出現する可能性もあるわけです。そしてAGA治療薬の副作用は無視できないレベルのものも多いといえます。
その中でも代表的な副作用として、男性の機能不全というものが挙げられます。つまりEDのことですが、これは少なからず実感する人がいるといわれています。当然薬の服用を止めることによってだいたいの場合は改善されるのですが、中には後遺症として症状が残ってしまう場合があります。また、このような治療薬では、女性は服用厳禁という場合があります。女性が妊娠している場合、胎児への催奇性が見られるからです。
一方もともと血圧の降下剤として用いられていた薬を転用している種類の薬もあります。これは血圧を下降させるために血流を良くする効果が、副次的に育毛を促すということで使用されるようになったタイプの薬なのですが、降下剤ですので低血圧の人が使うとさらに血圧を低下させる可能性があり危険です。いわゆる低血圧発作のような症状になってしまうことも考えられるからです。また、このタイプの薬は肝機能を低下させるおそれもあることがわかっています。
このようにAGA治療に使われる薬は効果も強いのですが、副作用も深刻だといえます。慎重に服用すべきだといえるでしょう。